Ohana


伊勢華子
by isehanaco

2008年12月17日 「働かない人」発売

木のしたで、体育ずわりでもするように、仕事についてのはなしでもしない?

シブヤ大学の学長、左京くんが、そんなふうに声をかけてくれたのは秋の終わりのことだった。
働くってどんなことだろうね、つつうらら、ふたりで話すなか、いろんな言葉がでてきた。

せかいでいちばん美しいもの
言葉によって、何かが、動かせたら
小さな奇跡が全ての始まり
たからものって何ですか
道の太さを歩き方による
好きなことがあるだけで、それ自体が大きな素質
書くことは、呼吸すること

そんな一本の木のたもとでのできごとが、10人ぶん連なって、一冊の本になった。
「働かない人」 思わず、にやりとしてしまうタイトルだ。


【概要】
「働かない人」 (弘文堂) 左京 泰明=編 1500円
今、それぞれの現場で輝く10人の言葉から、「働く」ことを考える1冊。
シブヤ大学学長左京泰明氏が、彼らの仕事場を訪ね、木陰の下、居心地の良い庭で話しを聞くように、普段着の気分で「働くこと」について聞きました。
a0033853_1712222.jpg

伊勢華子(文筆家)
伊藤 剛(ASOBOT inc.代表取締役)
猪子寿之(チームラボ株式会社代表取締役)
小久保英一郎(天文学者)
手塚真輝(ホスト)
西村佳哲(働き方研究家)
幅 允孝(本棚編集者)
本城慎之介(株式会社音別代表取締役)
山口絵理子(株式会社マザーハウス代表取締役)
寄藤文平(アートディレクター)
[PR]
# by isehanaco | 2008-12-11 17:14 | What's New

YOKOHAMA FM「GREEN OASIS」/グリーンの風吹く、日ようび

紅葉のはんなりしたにおいで目覚める、日ようび。

湘南でのビーチクリーン、丹沢でのマウンテンクリーン、相模川でのリバークリーンなどなど、くりひろげる「GREEN OASIS」で、二週にわたりおはなしをします。が、しかし、キュートでロックなDJ MITSUMIちゃんとのはなしがスタートしたかと思いきや!!
一輪の淡桃色のバラをもってくるアーティストがふらり!アロハなカフェのジューシーシェイクがどどん!ちいさな奇跡のようなハプニングが起こるではありませんか!すてき、すてき。

グリーンの風吹く日ようのはじまりに、カンパイ!

【番組名】FM YOKOHAMA (84.7)GREEN OASIS
【放送日】2008年10月19日26日(SUN)5:00‐8:30
http://www.fmyokohama.co.jp/onair/program/GreenOasis/index.html
[PR]
# by isehanaco | 2008-10-18 21:05 | What's New

J-WAVE「TOKYO SMART DRIVER」

今週は、TOKYO SMART DRIVERではじまります
パーソナリティは、モデルとして、女優として、活躍するのはもちろん、近頃は山登りを愛しむご様子のKIKIちゃん。前にゆっくりはなしたのは、外苑の花火の日だったね、と、ふたり時の流れを味わいつつ、日々のことから冒険話までつつうらら話が弾んでしまうのです
KIKIちゃん、一週間よろしくねー!

さてさて、今夜はどんなはなしが飛びだすでしょう

【番組名】J-WAVE(81.3) TOKYO SMART DRIVER SHARE SMILE
【放送日】2008年10月第2週の一週間 (MON-THU) 21:50‐22:00 

※オンエアしたおはなしは、毎日こちらにメモのようにつづります
※収録の様子についてはこちら!(KIKIちゃんがつづるの巻)
http://www.j-wave.co.jp/original/sharesmile/
[PR]
# by isehanaco | 2008-10-06 10:18 | What's New

Special Exhibition 【1/6852】-せかいでいちばん美しいもの-

外苑の銀杏並木道から一本裏にある、アロハな一軒家のカフェでのSpecial Exhibition!

スタートしました♪
野草たちの押花、スケッチブックに万年筆で書かれた手紙、
世界を旅するなかで刻まれた風景が絵画に変身したタペストリーなどなど
旅するうちにであった忘れられない物語、その断片の数々が展示されています

今回のハイライトは、なんといっても
人の描く国境線を超えて生態系を描く野草たちの押花です
サハリンと北海道でスケッチブックのあいだに閉じられた植物が
その地の生なる物語を伝えてくれるでしょう

期間中は通いながら、押花に手をくわえていこうとも思っています
10月4日と8日には、アロハなかまとスペシャルナイトもありますよ

a0033853_0221679.jpg

<詳細>
「美しさを忘れてしまった人は、世界の果てまで旅しなければなりません」
そんな冒頭とともに、旅するうちにみつけた、忘れられない13篇の物語がつづられる『せかいでいちばんうつくしいもの』を今夏発表した文筆家・伊勢華子。高校時代にイギリスにいって以来、メキシコでの海亀産卵パトロール、サハラ砂漠でのオアシスづくりなど世界をめぐる彼女は今、地図にない日本の島々を歩いています。日本には、6852も島があるけれど、その中で地図に載っているのはほんの一握り。「一家族だけで代々島を守っているところもあるし、大人もいれ11人しか住んでいないけれどみんなで大切に学校を守っているような島もあってね。どこの島にも家族がいて、それぞれの人生があって、どれひとつ地図から省くわけにはいかない大切な場所だと思ったの」それなのに、自分の暮らしている場所が、地図にないということ。大きな地図を前に、青い海が広がる空白の地点を指差して「ここが自分の住む島だ」という少年。その少年と向き合う、トウキョウッコである伊勢華子の想い。こうなったら「ほんとうの日本地図」は自分でつくるしかないなと、伊勢華子が島々を歩きはじめて2年と少したちます

トークの聞き手には、旅好きのサーファー、小野寺愛がはいります
旅をする中で出会った心に残る物語を伊勢華子に聞く、充実の90分

開催中は、会場をまるごとつかい、伊勢華子の旅のマンモスタペストリーや写真、人の描く国境線を超えて生態系を描く野草たちの押花(サハリンと北海道より)の展示をしています。東京イチおいしいハワイアンアイスラテを片手に、トークとあわせてお楽しみください

【展示開催期間】  2008年9月27日(金)~10月22日(水)

【スペシャルナイト】 ギャザリングⅠ小野寺愛×伊勢華子
             10月4日(土) 開場17:00 開演18:00
             ギャザリングⅡ 内野可奈子×伊勢華子 /小野寺愛(聞き手)
             10月8日(水) 開場19:00 開演20:00

              ※<満員御礼>予約受付終了しました(ごめんなさい)

【場所】 Muu Muu Coffee
     (コナコーヒーの品揃はとうきょうで&ロコモコが最高に美味な店)
     東京都港区北青山 1-5-15 1F~2F (TEL 03-3796-6686)
     月-金11:00 - 16:00 、18:00 - 23:00 (土・祝 12:00 - 22:00)
     地図 http://www.muumuucoffee.com/shop/aoyama.htm

【入場料】 無料(お一人様ひとつづつ、フード&ドリンクをオーダーしてください)

【主催】パシフィック・プロジェクト http://www.jp-hanalei.com/pacific.html
    ※スペシャルナイト(4、8日)は予約制となります
    受付窓口 PEACE BOAT TEL03-3362-6307(10:00-19:00、日祝休) 
[PR]
# by isehanaco | 2008-09-30 00:26 | What's New

秋の長屋で、一杯。展覧会のお知らせ

風、涼やかな夕暮れ。ひぐらしがないています
築約70年の古い長屋をまるごとおかりしての展示がはじまります
世界の子ども達にじぶんのいちばん大切なものを描いてもらった絵本「たからものって何ですか」。そこにでてくる宝物を刺繍にあしらったものや訪れた22カ国からとどく風の景をはじめ

お店をでたあと、ずいぶん冷たい風が吹いたけれど、センパイの心臓にはいってりる金具、きしんだろしなかったかな。センパイの焼く玉子、焼きたべたいな、海苔がくるんとはいったやつ。
『せかいでいちばん美しいもの』(第2話より抜粋)

新刊の一節を感じていただけるにちらほらでてくる、たべものも、いただけるかも☆
(そのほか、「nagaya cafe さと和」の魅力、美味なる一皿、展示内容など

かつてクリーニング屋さんだった一軒家を大切に直して今となる空間で、ぜひ、おくつろぎください

【日時】2008年9月24日(水)~10月末日
【場所】「nagaya cafe さと和」(TEL03-3812-6302)
     東京都文京区小石川2-24-14
     丸の内線・南北線「後楽園」、大江戸線「春日」より徒歩3分
     「えんま通り商盛会」という昔ながらの商店街に面しています
     <地図詳細>http://blogs.yahoo.co.jp/nagayacafe
     火-金18:30~23:15、土11:30~18:00 日・月休み

a0033853_12513074.jpg

[PR]
# by isehanaco | 2008-09-25 13:16 | What's New

WORLD JOURNEY FESTA '08

ファンキーでメランコリックなフェスに、参加します♪

旅するうちにみつけた13の物語がつづられる本、『せかいでいちばん美しいもの』
その世界観をそのままビジュアルにおとしこんだ絵本版のお披露目をはじめてします!
絵巻物のような絵本版は、すらりすらり横にのびること4m40cmのマンモスサイズ!
そのほか、世界各地からとどいた風景を壁面にちりばめたり、トークも少々
ハワイ、ジャマイカ、シンガポール、アフリカからやってきた世界中のフード&ビールとともに
お待ちしています。hibikiさんの空間演出、Caravanのライブもタノシミ!

【日時】 2008年9月21日(日) 開場 15:00/開演 16:00
【会場】 ラフォーレミュージアム六本木
東京都港区六本木1-9-9 六本木ファーストビルB1F
【入場料】 4300円
【主 催】 株式会社A-Works http://www.a-works.gr.jp
       雑誌『旅学』編集部 http://www.a-works.gr.jp/tabigaku/
【協 力】 株式会社サンクチュアリパブリッシングhttp://www.sanctuarybooks.jp/
【お問い合わせ】 株式会社A-Works info@a-works.gr.jp

a0033853_13265170.jpg

参加アーティスト
高橋歩、池田伸、ロバート・ハリス、Caravan、伊勢華子、FUNKIST、ほか
http://www.a-works.gr.jp/tabi/artist.html
[PR]
# by isehanaco | 2008-09-19 13:29 | What's New

2008年9月13日/J-WAVE 「MODAISTA」 サンゴの楽園より一筆

北半球最大のサンゴ礁が広がる、ベリーズ!
エメラルドグリーンに輝く海のほぼ全域が世界自然遺産に指定されています
そんなベリーズの中心地から、さらにカリブ海を南下したところにぽっかり浮かぶ小島、
キーカーカーより、モヒートとともにお便りします。いい風吹くので、「風をたのしんで!」
パーソナリティは、イタリア人の父と日本人の母をもつアンディこと、アンドレア・ポンピリオさん

【番組名】FM81. 3 J-WAVE 
MODAISTA 「SOUND&CITIES」
【日時】2008年9月13日(土)13:00~13:40

a0033853_18404565.jpg

<放送日にあわせて、ベリーズの風を下記でup>
http://www.j-wave.co.jp/original/soundscities/index.htm
[PR]
# by isehanaco | 2008-09-03 18:50 | What's New

2008年7月21日/NHK視点論点 「島」

みなさん、こんにちは
今日、7月21日は海の日です。
そんな挨拶にはじまる・・・『視点・論点』で、話しをします(笑えます)
宝物、地球儀、家族につづく、第4回目の今回は、海の日にちなんで
わたしたちが暮らすニホンの島々についてです♪

視点・論点 「島」 伊勢華子
【放送日】7月21日22:50~23:00(教育テレビ)
      7月22日04:20~04:30(総合テレビ)
[PR]
# by isehanaco | 2008-07-16 13:21 | What's New

2008年7月21日【新刊案内】『せかいでいちばん美しいもの』

ひさびさの新刊のお知らせです♪

「美しさを忘れてしまった人は、世界の果てまで旅しなければなりません」
そんな冒頭とともに、きれいにしてしまうとこぼれてしまうような、13篇の物語をつづりました。
ときに、眼をそむけたくなるようなものさえも抱いていけたらと思うのです。
世界で一番美しいものなんて、いったいどこにあるんでしょう、ね。

『せかいでいちばん美しいもの』
伊勢華子著(A-works)
定価 1470(税込)
発行日 2008年7月21日(都内は20日もあり)

<時>カリブ海の孤島。白い縮れヒゲおじさんの言葉の行方
<石>白銀の旅。ニホン最古、2000歳のおむすびの招き
<涙>遠く離れた海のうえでこころする、アイヌ刺繍物語
<花>ある夏の終わりのサハリンで、淡く透ける押花の心中
<魚>森を育む、サーモンのメグルメクイノチノ冒険
...............etc

a0033853_2331374.jpg

[PR]
# by isehanaco | 2008-07-07 23:33

シブヤ大学~1/65億のセンサリージャーニー~

渋谷の街!そのものをキャンパスにしてしまうミラクルな『シブヤ大学』で授業をします。
授業といっても、ささやかなお話会というようなかたちで、“美しいもの”について感じられるひとときになれたら・・・と。ご一緒してくださる方は、センスウェア(世界を感じる道具の総称)を軸に、世界の音を集めたり、星が消えてゆく時間の砂時計などを作られたLiving World の西村さんです。どんな美しいものがでてくるでしょう。愉しみだなぁ。

【日時】2008年7月19日(土)14:00~15:30
【会場】青山ブックセンター本店
東京都渋谷区神宮前 5-53-67 コスモス青山ガーデンフロア B2F
※この日、新刊!『せかいでいちばん美しいもの』(A-works)が先行販売されます
【詳細&申込】シブヤ大学 http://www.shibuya-univ.net/

<以下、シブヤ大学HPより抜粋>

「美しいものって何ですか?」
そう聞かれたら、なんと答えるでしょう。きっと答えは、一人ひとりさまざま。それは、ひとりの人間の内面をとっても、時間によって変化するくらい不確かなものかもしれません。

今回の授業は、「日常に見出す美しさ」をテーマにした、文筆家・伊勢華子さんとリビングワールドの西村佳哲さんによる対談です。
伊勢先生は、世界中を巡って、子どもたちに「たからものって何ですか?」と聞き、本などをつくっている文筆家。西村先生は『サウンドバム』という音の旅や、デザイン・ものづ くりの仕事を通じて、世界中を旅してきたおふたり。今まで見てきたもの、聞いてきたものから「私が思う美しいもの」について、それぞれに語っていただきます。

「こころが開いている時だけ、世界は美しい」と語ったのは、哲学者ゲーテ。
あるのに見えないこと、ないのに勝手に見てしまうことがある。
日常の中のささやかなものに心を寄せる、“自分と世界”とのダイアローグです。
[PR]
# by isehanaco | 2008-07-07 22:42 | What's New


ライフログ
カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧