Ohana


伊勢華子
by isehanaco

「TOKYO SOURCE」 ヨネチャンとともに、交縁路

「TOKYO SOURCE」副編集長・米田智彦氏にお呼ばれし、こんな集いをもたせてもらいます。

【日時】2009年6月26日(金)19:30~21:00
【場所】ブックサロン「アバッキオ」
    東京都杉並区高円寺北2-38-15(tel 03-6657-9033)
【料金】2000円(1ドリンク付き)
【定員】10名(当日先着順)

<概要>
「TOKYO SOURCE」副編集長の米田が、地元・東京・高円寺のブックサロン「アバッキオ」で毎月1回、最終月曜に毎回ゲストを招いてトークショーを行います。その名も「交縁路(こうえんじ)」。この場から、人と人が出会い、縁が生まれ、何かが始まってゆくことを期待し、イベントを立ち上げます。毎回、ゲストの方々に、どういうことを今まで考えてきたか? どうやって現在の仕事に関わるようになったか? どうやって自分の仕事をつくってきたか? どんなふうにものをつくっているのか?を聞きながら、「ものづくりって何だろう?」「しごとって何だろう?」を考えていくレクチャーシリーズ。
a0033853_2126632.jpg

巷にやたらと乱立してきたいわゆるブックカフェ。
本とカフェの合体ショップ。そして、高円寺ではココ、アバッキオが最近オープンした。なんかね、夏木マリ(あるいは、調べものをしてる時の峰不二子。変装して眼鏡をかけているが、消えない色気)が居そうな雰囲気なのよ。客で。「ケッ!オシャレ系かよ!」 ・・・まあ、待てって。違う違う。インテリ不良イメージの意味で。言い換えると、恋多き女?あるいは、女パンクス?パティ・スミス?まあ、なんでもいいや。一生かけて不良のまんまの女性が昼間っからワインかなんか呑んで、なんか夜の悪巧みを計画してるイメージ。 しかもインテリ。でもワル。そして美人。スリムなのにボリューム感アリという違反。そして、ここは高円寺の路地。しかも、立ち呑み屋+古本屋は世界でも珍しい。さてさて、どうなることやら・・・(アバッキオHPより抜粋)

<申込み>
①トーク日時②参加者氏名 ③携帯電話番号④メールアドレス ⑤職業 
を明記して、 kouenji@tokyo-source.com までメールでお申し込み下さい。
キャンセルの御連絡は前日までにお願いいたします。定員に達した場合は、キャンセル待ちとなります。受講可能になった場合はちらから御連絡させていただきます。
[PR]
by isehanaco | 2009-06-12 21:16 | What's New
<< 島トハ風吹クトコロ/表参道ヒルズ チラホラトテン/神楽坂 >>


ライフログ
カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧