Ohana


伊勢華子
by isehanaco

“HANA”, No Border  <展示期間延長>

大きな窓から見える林や、鳥の声、うかがえる今日の天気、その下に流れる川。
そんな自然の中にあると、勘違いしてしまいそうな、藁と土の空間に
人の描く国境線を超えて生態系を描く野草たちの押花を展示します

【期 間】 2009年3月11日(水)-22 日(日) 
【会 場】 café Slow 東京都国分寺市東元町2-20-10 TEL042-401-8505
【詳 細】 http://www.cafeslow.com/
a0033853_20463395.jpg

【概要】
野草たちの押花、万年筆で書かれた大きな手紙、世界を旅するなかで刻まれた風景が絵画となるタペストリーなど、 旅するうちに出逢った忘れられない物語、その断片を展示します。
ハイライトは、人の描く国境線を超えて生態系を描く野草たちの押花。サハリンと北海道でスケッチブックのあいだに閉じられた植物が、その地の生なる物語を伝えてくれるでしょう。

"HANA" means nose and flower in Japanese - just so that you know.
People like to draw lines, and soon after, they delete them.
I'd rather draw lines more freely, just like the wild plants and animals that naturally live beyond the borders.
Take a look at the art exhibition of pressed flowers and leaves. The beauty picked up in Sakhalin and Hokkaido inspire us to broaden our mind. They lead our way to remember the natural living of birds and "HANA"s, where there is no fixed border.
(foto:Yuya Hatakeyama)
[PR]
by isehanaco | 2009-03-17 17:31 | What's New
<< 森は一冊の本となりまして@沖縄 サンカクノニホン ~1/685... >>


ライフログ
カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧