「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!

Ohana


伊勢華子
by isehanaco

ASOBOT×Bookman’s market

ユトレヒトの青空本屋さん「Bookman’s market」で、本がずらり並びます。
今回は、いちばん最初に出版した『たからものって何ですか』、最新刊の『サンカクノニホン』のほか、本屋さんでは手に入らない『みみをすませば』も並びます。なかでも目玉は、ASOBOTメンバーが手がけた『earth code 46億年のプロローグ』。ぜひ、手にとって開いてみてください。
a0033853_1421563.jpg

【日時】2010年5月23日(日)10:00-16:00
【場所】国連大学前広場 
a0033853_14132980.jpg

a0033853_1414369.jpg

a0033853_14151017.jpg

By 『earth code 46億年のプロローグ』GENERATION TIMES /ダイアモンド社
[PR]
# by isehanaco | 2010-05-19 14:06 | What's New

<展示のお知らせ> ミニサンカクノニホン

6852の島々を歩くなかでみたものを、壁にぺたりぺたりのミニ展示。

【期間】 2010年5月21日(金)-26日(水)11:00-19:00(最終日-17:30)
【場所】 神楽坂アユミギャラリー(東京メトロ神楽坂駅から徒歩1分)
[PR]
# by isehanaco | 2010-05-19 13:34 | What's New

Radio vitamin /NHK

GWスペシャル!「にっぽん島めぐり」で、話をします。
『サンカクノニホン』で、おわせになった島のみなさんとも電話をつなぎます。東西へ南北へ、小さな島のホットなお話がきけそうです。

【放送日】2010年5月3日 8:30-10:30
【番組名】NHK Radio vitamin
     http://www.nhk.or.jp/vitamin/shimameguri/index.html
[PR]
# by isehanaco | 2010-05-19 13:24 | What's New

<展覧会のお知らせ>サンカクノニホン展

8月、東京にて 『サンカクノニホン展』 が開催されます。
a0033853_13474350.jpg

6852の島々で織り成される日本、そのなかに有人島は422、これまで人が何かしらで関係してきた島は約1100あるといわれています。今回、このような島を可能な限り描いたら、日本はどのように見えるのかを試みたいと、天井も含めた壁面いっぱいに、日本地図を描きます。
現在、日本には、6852の島々すべてが定位置にとらえた地図が存在していないため、視覚としてとらえることが困難な状況です。

このような思いで、春、日本の形をはじめて教科書で学ぶ小学生向け写真絵本『サンカクノニホン』(日本には6852の島があり、それをすべて定位置でとらえると日本は、三角形にもみえるよ。しかも、それはいかにバラエティに富んだ島々で成り立っているんだ、という内容)を発行しましたが、
本展示では、星空を眺めているような感覚に陥るほど、日本には多くの島があり、またその一つを眺めてみれば、点にも満たないほどの小さな島にも、今も暮らしている人がいるんだということが、伝えられたらと思っています。

北は、利尻島(北海道)の博物館館長さん。南は、南大東島(沖縄)のまるごと館館長さん。東は、一般では行くことができない南鳥島(東京)でお仕事をなさる方々(現在、気象庁、海上保安庁などの方が駐在)。こうしたみなさまをはじめたくさんの協力も経て、サンカクの角近くを結ぶべく、今夏のタイムリーな貴重な写真と手紙が届きます。

『サンカクノニホンのうた』も披露いたします。
自分の生まれた場所がこんなところなのだと、思うひとつにしていただけたら幸いです。

                                         (伊勢華子×馬喰町ART+EAT)
a0033853_1243311.jpg

a0033853_1251023.jpg
a0033853_125192.jpg
a0033853_1252991.jpg

【開催日】2009年8月18日(火)-8月29日(土) 日月祝休廊
      11:00-19:00 (14:00-18:00くらいは伊勢います)
【開  場】馬喰町ART+EAT (TEL:03-6413-8049)
      東京都千代田区東神田1-2-11 アガタ竹澤ビル202

【関連イベント】★「サンカクノニホンのうた」 トーク+ライブ  
           8月21日 19:00~(18:30開場) 
            演奏:馬喰町バンド、話:伊勢華子+サンカク各地からの便り
            予約制 3000円(ワンドリンク+サンカクフード付)

          ★「夏の自由研究」 小学生対象(保護者の方も参加できます)
           8月26日 15:00~(14:30開場)
            予約制 500円(サンカクのおやつのおやつ付)

           申込みは上記TEL、 bakurocho@art-eat.com にて承ります

【地図詳細】 http://www.art-eat.com 
[PR]
# by isehanaco | 2009-08-19 12:35 | What's New

<サンカクノニホン展>制作準備公開スタート

今回の展示物

<全体>
6852の島々で織り成される日本、そのなかに有人島は422、これまで人が何かしらで関係してきた島は約1100あるといわれています。今回、このような島を可能な限り描いたら、日本はどのように見えるのかを試みたいと、天井も含めた壁面いっぱいに、日本地図を描きました。現在、日本には、6852の島々すべてが定位置にとらえた地図が存在していないため、視覚としてとらえることが困難な状況です。星空を眺めているような感覚に陥るほど、日本には多くの島があり、またその一つを眺めてみれば、点にも満たないほどの小さな島にも、今も暮らしている人がいるんだということが、伝えられたらと思っています。
a0033853_12322474.jpg

<6852のマルの絵>
地図にない島が日本にあるとしったとき、じぶんの暮らしている場所が地図にのってないことのきもちを思いました。せめて人が暮らす島だけでもすべてのっている日本地図があってもいいのではないかと、地図をきりはりしてつくるうち、日本がおおきなサンカクをしていること、陸だけでなく、あっとうてきな海とともになりたっていること、世界の国ぐにといかに近しい距離にあるかということに気づき息をのみました。点にもみたないほどちいさな島のひとつをみつめながら、地図にもなく、四方を海にかこまれたなか、人はなにをみるのだろう。そんなことを思い、橋のかかっていない、人口1000人以下の島を中心に歩きはじめて3年になります。6852のマルは、日本をおりなす島の数が、どれくらいすごいものなのかを感じたくてかきました。二日半かかってかきおえたとき、なんてすてきな場所に生まれたんだろうと胸があたたくなりました。 (『サンカクノニホン』あとがきより)

<422のマルの絵>
6852の島うち、422の島に人が暮らしています。

<写真>
北は、利尻島(北海道)の博物館館長さん。南は、南大東島(沖縄)のまるごと館館長さん。東は、一般では行くことができない南鳥島(東京)でお仕事をなさる方々(現在、気象庁、海上保安庁などの方が駐在)。こうしたみなさまをはじめたくさんの協力も経て、サンカクの角近くを結ぶべく、今夏のタイムリーな貴重な写真と手紙が届きました。鳥巣佑有子さん、磯部昭子さん、佐藤暢隆さんの協力もえています。

<ノート>
壁面にとどまらず天井にかけてひろがる、これまでにみたことがない立体的なニホンをみていただけると同時に、その点にもみたないほどの島々のひとつひとつにあるこぼれおちそうな思い、なにかを突くような声、島をめぐるなかでふと書き留めたことを巨大なノートをつくりしるしました。みなさまもご自由に島について、お書きください。

<歌>
『サンカクノニホンのうた』 演奏:馬喰町バンド、歌:NUU、詞:伊勢華子
a0033853_1215334.jpg

a0033853_12161097.jpg

a0033853_12163165.jpg

<絵本>
『サンカクノニホン』
日本の形をはじめて教科書で学ぶ小学生に、日本には6852の島があり、それをすべて定位置でとらえると日本は、三角形にもみえるよ。しかも、それはいかにバラエティに富んだ島々で成り立っているんだ、ということを伝えたくて作りました。

『たからものって何ですか』
地図にない島があると気付かせてくれた、きっかけの本。世界中の子どもに自分のいちばん大切なものを描いてもらった一冊ですが、発行後、日本の山里や小さな島の子どもたちにも自分の宝物を描いてもらっていた際、描いてくれたその子の暮らしている場所が地図にのってないことのきもちを思いました。そこからすべてがはじまりました。

『せかいでいちばん美しいもの』
題5話「島」に、本企画のきっかけとなったときのことが刻々と書かれています

『みみをすませば』
どこかの小さな村はずれで育つ、あるひとりの子どもの言葉に、耳を済ませてもらえたら。ときに宙を貫くほど、するどいのです。
[PR]
# by isehanaco | 2009-08-19 12:34 | What's New

「しまなみアートフェスティバル2009」

しまなみ海道ART FEATIVAL 2009 に参加します。

海と島と橋がつくるしまなみ海道ならではの美しい景観を題材に、タオルや大島石といった地元素材から、音楽やダンスパフォーマンス、果てはプラモデルまで、夏のしまなみを海道をアートとデザインで彩ります。真夏のしまなみの夢の中、新たなしまなみアートを発見してみませんか。
a0033853_1275075.jpg

a0033853_1211121.jpg

【期間】 2009年8月1日(土)-16日(日)
【場所】 今治市 大三島 大島 (しまなみ海道沿線各所)
a0033853_11274341.gif

<しまなみアートピクニック@多田羅しまなみ公園>
 浅羽克己(大島石オブジェ)+茂木ヒデキチ(墨絵)+林純一朗(映像)+新村則人(タオルアート)
<アーティストビレッジ@姫内未来塾> 
 松本崇(絵画)+空山竜司(プラモデル)+伊勢華子(押し花・ことば)
a0033853_1210199.jpg

「大人の基地づくり」をテーマに
来島海峡大橋のたもとで島と海を見下ろす絶景の旧民宿(姫内山荘)がアートな空間に変身。

<問合せ先>しまなみ海道10周年記念事業 愛媛県実行委員会今治事務所
         愛媛県今治市旭町1丁目4-9 TEL:0898-33-0026
[PR]
# by isehanaco | 2009-08-07 11:30 | What's New

島トハ風吹クトコロ/表参道ヒルズ

「キャンドルナイト@OMOTESANDO -Eco Avenue」の流れで、お話をさせていただきます。

【開催日】2009年6月20日(土)11:30-12:30
【会 場】表参道ヒルズ 本館 地下3階 スペースオー
     東京メトロ銀座線、千代田線、半蔵門線「表参道駅」より徒歩2分
     JR山手線「原宿駅」より徒歩7分
a0033853_1315943.jpg

<下記、トークイベント概要抜粋>

あなたは、どこで生まれましたか?
そこは、島でしたか?

世界の陸地は、“大陸”と、これに対して面積の小さな“島”でできています。
この二つに共通することは、海に面しているということ。
そして大きな違いがあるとすれば、名前がつけられていない大陸はないけれど、島には、名前があるにもかかわらず地図にない島が、たくさんあるということ。
そして世界でも島国として有名なこの国の島の数は、6,852島。

日本の最も北から南、東から西へ、その間には広々とした海と地図には描かれない島々が数多く存在しています。そのうち、人が生まれ、暮らしている有人島は422島。ライフラインを保つために船が欠かせなかったり、時化(しけ)の時は隣の島の学校まで通えないので休みだったり、道らしき道がないために誰かの家に遊びにいくのも人の家の庭や山をかきわけたり。自然の一部であることを享受して、より暮らしやすいように工夫をする島の暮らしには、私たちが学びたいことが散りばめられています。

そんな島の暮らしを追っている文筆家・伊勢華子は「せめて人が暮らす島だけでも、すべてが載っている日本地図があってもいいのではないか」と、本当の日本のカタチを探る試みを3年前からスタートさせ、写真絵本「サンカクノニホン6852の日本島物語 –」を執筆しました。

本授業では、伊勢華子さんを先生に、彼女の活動を見守りながら、自身もスローライフに興味があり海辺で暮らすOZマガジンの編集長古川誠さんをナビゲーターに迎え、自分の生まれ育った場所がいかにバラエティに富んだ気候や土地であるかを感じながら、島と私たちの暮らしについて考えてみたいと思います。

(コーディネーター 嘉村 真由美)
※立ち見でよろしければ、申込不要/入場無料
※当日はEco Avenueとして雑貨・飲食ブースなどが出展。早めの来場もお勧めです
[PR]
# by isehanaco | 2009-06-17 18:22 | What's New

「TOKYO SOURCE」 ヨネチャンとともに、交縁路

「TOKYO SOURCE」副編集長・米田智彦氏にお呼ばれし、こんな集いをもたせてもらいます。

【日時】2009年6月26日(金)19:30~21:00
【場所】ブックサロン「アバッキオ」
    東京都杉並区高円寺北2-38-15(tel 03-6657-9033)
【料金】2000円(1ドリンク付き)
【定員】10名(当日先着順)

<概要>
「TOKYO SOURCE」副編集長の米田が、地元・東京・高円寺のブックサロン「アバッキオ」で毎月1回、最終月曜に毎回ゲストを招いてトークショーを行います。その名も「交縁路(こうえんじ)」。この場から、人と人が出会い、縁が生まれ、何かが始まってゆくことを期待し、イベントを立ち上げます。毎回、ゲストの方々に、どういうことを今まで考えてきたか? どうやって現在の仕事に関わるようになったか? どうやって自分の仕事をつくってきたか? どんなふうにものをつくっているのか?を聞きながら、「ものづくりって何だろう?」「しごとって何だろう?」を考えていくレクチャーシリーズ。
a0033853_2126632.jpg

巷にやたらと乱立してきたいわゆるブックカフェ。
本とカフェの合体ショップ。そして、高円寺ではココ、アバッキオが最近オープンした。なんかね、夏木マリ(あるいは、調べものをしてる時の峰不二子。変装して眼鏡をかけているが、消えない色気)が居そうな雰囲気なのよ。客で。「ケッ!オシャレ系かよ!」 ・・・まあ、待てって。違う違う。インテリ不良イメージの意味で。言い換えると、恋多き女?あるいは、女パンクス?パティ・スミス?まあ、なんでもいいや。一生かけて不良のまんまの女性が昼間っからワインかなんか呑んで、なんか夜の悪巧みを計画してるイメージ。 しかもインテリ。でもワル。そして美人。スリムなのにボリューム感アリという違反。そして、ここは高円寺の路地。しかも、立ち呑み屋+古本屋は世界でも珍しい。さてさて、どうなることやら・・・(アバッキオHPより抜粋)

<申込み>
①トーク日時②参加者氏名 ③携帯電話番号④メールアドレス ⑤職業 
を明記して、 kouenji@tokyo-source.com までメールでお申し込み下さい。
キャンセルの御連絡は前日までにお願いいたします。定員に達した場合は、キャンセル待ちとなります。受講可能になった場合はちらから御連絡させていただきます。
[PR]
# by isehanaco | 2009-06-12 21:16 | What's New

チラホラトテン/神楽坂

サハリンと北海道で摘んだ、野草たちの押花にあわせて
いくつか手紙のような、詩のようなものを書いて展示しようと思います
わたしの散歩友だちである、南雄三さん(住宅技術評論家)×宮本和義さん(建築写真家)の
トークバトルも見逃せません

【期間】2009年5月29日-6月3日 11:00-19:00(最終日-17:30)
【会場】AYUMI GALLERY 
     東京都新宿区矢来町114 (TEL 03-3269-1577)
     東京メトロ東西線神楽坂駅より、徒歩1分 (地下鉄東西線神楽坂駅真上)
[PR]
# by isehanaco | 2009-05-29 12:39 | What's New

Sounc for children/渋谷スペイン坂スタジオ

子どもの日ということで、TOKYOFM 渋谷スペイン坂スタジオより生放送です。
ウィーン少年合唱団の歌声、当日スタジオに出現するウォールペインもタノシミですね。

【番組名】TOKYOFM HOLIDAY SPECIAL 'Sond for Children'
【放送日】2009年5月5日 11:30-18:55
詳細 http://www.tfm.co.jp/child/
[PR]
# by isehanaco | 2009-05-02 23:32 | What's New


ライフログ
カテゴリ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧